Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
優勝の裏話
kamata1

9日の私達のホイケの様子。
舞台に出てきて、さて、と客席を見まわす間もなく曲が流れ始めたのには少々あせった。音が出るとすぐに動き出すポジションにいた私、出遅れたかと冷や汗。
踊りながら、慌ててドキドキしてしまった気持ちを落ち着けて、曲に感情移入しようと努力。つまり、ナリキってヒタッチャウんですね。
曲に入り込めないと感情表現はできないと思うから、本当は曲が流れ始める前にこれをやりたかったのだけれど・・・感情表現、実際にできてるかどうかは分からないけれど。自己満足かも。
ともあれ、途中からはとても気分良く「曲に浸って」踊ることができた。


kamata2

帰ってから写真でエンディングの様子を見て、大笑いしてしまった。うわーなんだこれタカラヅカだよ!
自分がその中にいると全体の様子は見えないから、今まで(何度も練習してきたにもかかわらず)気がつかなかった。先生に指示されるフォーメーションのままに動いていたのだけれど、先生、こんな演出してたのか・・・恥ずかしいやら照れくさいやら。
デモチョットイイカモ。(^^;

ところで、ソロでコンペ部門にエントリーしていた私のハラウのクプナは、見事に優勝を果たした。
これまでうちのハラウからは、クプナのコンペにはインストラクターさんやアシスタントさんしかエントリーしていなかったのだが、今年のこの方は、イントラでもアシスタントでもない一般の生徒さん。そのためか、他のイントラやその取り巻きからの、えーと、なんといいますかね、やっかみ・ひがみがらみのイジメが結構あったらしい。いい大人がイジメだなんて、口にするのもばからしいけど。

もっとも、うちだけではなくどのハラウでもこんなことはよくあるらしい。フラの世界って、ほとんど女ばかりの世界だしね・・・うちはまだマシな方なんだそうな。(先生談)
クプナさん達はしょっちゅうあちこちで小競り合いやっているし、私もイントラになってからは、特にそんな生徒さん達の揉め事に巻き込まれることが多くなった。それも一時フラをやめたくなった原因のひとつ。
けれどまあ、うちはクプナはともかく、若いワヒネ達はみんな気の良い子達ばかりで仲も良いから、それが救いかな。

話は戻るが、そんな逆境の中で精神的にもつらかったろうに、今回のコンペで見事に優勝してくれたクプナさん、一位の発表を聞いたときには本当に嬉しかった。
すぐに控え室に戻って本人が戻ってくるのを待ち構え、ワヒネみんなで「オメデトウ!」の声と拍手でお迎えした。
でね、その時他のクプナさん達は一人残らず先に帰ってしまって、誰もおりませんでした・・・あんたら!(−−#)
posted by: haruri | フラ | 01:20 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 01:20 | - | - |
コンペと、なくインストラクターとか、控え室とか踊ることができた
haruriたちが、先生を演出された


| BlogPetのアロアロ | 2005/10/12 4:35 PM |









この記事のトラックバックURL
http://feelblue.jugem.cc/trackback/32
トラックバック